読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパな精密機械

タイトルにナンパとか書いてますが、ソレ系のブログではないかと思います。

男飯!トンテキのネギまみれ丼を作りました。

f:id:saekishirou:20160519005730j:image
写真にするとグロいようでそのまんまやな。

今日は仕事を早めに切り上げて、久しぶりに料理しました。
といっても料理と呼べるものなのかは不明。

「今日は何か作ろう!」と息巻いてスーパーに立ち寄り、なんか良いものないかな?と思って物色していたらトンテキ用のお肉が割引になっていたのか目を引きました。疲れた時はビタミンB1の多い豚肉がいいと聞いていたのと、タレ付きだったのが決め手でした。
ただ豚肉焼いてタレ絡めてでは芸がないと思い、ちょっとアレンジしたいなと思い、私の好きな野菜ナンバー1のネギのコーナーを見ると100gのパックの青ネギがあったのてこれを合わせることに。

家に帰ってくるなり、肉を切りました。嫁に「かぶりつく?かきこむ?」と尋ねたところ、「かぶりつく。」との返答だったので4枚中2枚は1cm幅に切り、1枚は切らすにスタンバイ。

用意が完了したらフライパンに油を引き温めます。今日はごま油にしました。そこに冷蔵庫にあった桃屋のきざみにんにくをスプーン一杯すくいフライパンに落とします。火は弱火でにんにくの香ばしい香りが立ってきたら切ってない肉を投入。片面を弱火でじっくり焼いて肉汁が浮いてきたら、切った肉を入れ火を強めで焼き目を入れます。焼き目が入ったら火をまた弱くし、付いていたタレを入れ煮絡めていきます。全体にしっかり絡まりタレが少なくなるぐらいでネギを半分投入し火を止めます。

丼にご飯をよそい、残りのネギをご飯に乗せ、その上から肉を乗せて完成。

調理時点でかなり腹が減ってたので、着席するなりガッつきました。

肉の焼き加減はなかなか良く、柔らかい上にしっかりトンテキのタレが絡んでました。ネギはタレの絡んだ味の濃いネギとご飯の上に直接乗せた絡みのあるネギの食感の違いがアクセントになって、手前味噌ですが上出来でした。

たまに両手にすると楽しいな。またできる時には、男飯、ブログにあげてみます。

Twitterはじめました。

f:id:saekishirou:20160517201718p:image

ツイッターは前から本名でやってましたが、そちらはお恥ずかしいのでブログ用にアカウント取りました。

まだまだご覧いただいている方も少ないですが、どうか仲良くしてやってください。

私のTwitterアカウントはこちらです。

METROCK 2016 OSAKA 2日目 私の思うベストアクトベスト3

昨日はライブ終演後、大阪まで行き、ラーメンを食べてテキトーなホテルにて宿泊。2日目に備えて爆睡。

1日目の感想はこちら。

で、2日目の朝。
2日目の戦闘服は昨日見れなかったキュウソネコカミ
f:id:saekishirou:20160516221014j:image

昨日のキュウソネコカミのようなことがないように早めに出たつもりが、いざ着いてみると11時半。またまた出だしのKEYTALKは見れませんでした。他の人、特に若い女子の会話でよく聞こえてきたのが「KEYTALKはよかった」という声が多かったように思うので、より一層残念に思います。
頭から見れなかったので、切り替えてカレーとジンギスカンとビールで腹ごしらえし次のBLUE ENCOUNTのライブに備えました。

見るのは3回目のブルエン。最近の曲があまり好みでないので、こういうフェスなら昔からやってるキラーチューンもやるかな?という淡い期待をしてましたが、やはり演るのはメジャー以降の曲ばかりでした。粗めの音・演奏やMCの熱量は素晴らしいので、乗り切れないのが余計やるせないです。

THE ORAL CIGARETTES
そのままGREEN HILLに残り、次のオーラルを待ってました。少しCROSSFAITHが見たかったのですが、今日はオーラルを選択。オーラルのライブは音はブルエンよりまとまりがあったように思いました。曲にしてもMrファントムを織り交ぜたセットリストだったり私好みでした。〆は大魔王参上でシメてほしいと思いましたが、それはワガママですね。パフォーマンスも上々でいいライブだったと思いました。

オーラルを見た後はKANA-BOONを見にメインステージのBAY FIELDへ移動。なんと堺市の市長がステージからKANA-BOONの呼び込みをするという演出が。笑いと驚きのオープニングからKANA-BOONが登場。ちなみに私の見た限りKANA-BOONが一番人を集めてたと思います。
ライブの内容はヒット曲多めで安定感のあるパフォーマンスだったと思います。丁寧に演奏しているように思った反面、前に見たブルエン・オーラルに比べて動きが少なく、せっかくの広いステージが少しもったいなく思いました。初見でしたがボーカル谷口鮪さんの声はカワイイ男の子といった感じで、これが世の女子をキュンキュンさせているのかーと思ってしまいました。ズルい。

KANA-BOONのあとはそのままスカパラを見るため待機。この時点で結構足にキテいました。
しばらく待ってスカパラの登場。先ほどのKANA-BOONとは対照的に登場から大人のオーラがプンプン感じ、出た瞬間からカッコいいと思いました。パフォーマンスもベテランならではの乗せ方の上手さ・演奏の上手さがあり、スゴく楽しいライブでした。インストあり・歌モノありでバラエティに富んだ演目もナイスでした。とにかく赤いシャツの谷中さんがダンディ過ぎて、こんな大人になりたいと思いました。

スカパラでガラにもなく踊りまくって、足のダメージがさらに蓄積されたのでここでちょっと休憩がてら、軽く物販をのぞき、佐世保バーガーとビールをいただき、星野源さんのステージを待ちました。凝ったオープニングから星野源さんが登場し、3曲ほど聞いたのですが、あまりしっくりこなかったこともあり早めに離脱。確実に混むであろうフォーリミの見やすいところを確保するために移動しました。

04 Limited Sazabys
早めにいったのですが、すでにかなりの人数が待機してました。リハの段階で8割以上の人数がいることもあってか5曲ぐらいをリハ演奏してました。この時点でかなり盛り上がってました。リハも終わるころには後ろにもすごい人数の人が今か今かとフォーリミの開演を待ってました。開演するとステージ前はすし詰め状態に。後ろからドンドン追い越して、多くの人がステージ前に詰め掛けます。昨日の夜の本気ダンス・WANIMAを見て、人ごみに巻き込まれないギリギリのラインで見ることが出来ました。
ライブの出来は素晴らしく、盛り上がり方・盛り上げ方も良かったと思います。やはり2ビートで乗れる曲が多いのが、私にとってのフォーリミの最大の魅力だと思います。旧来のメロコア・ポップパンクのファンにはたまりません。
実にいいライブでした。

[Alexandros]
METROCK 2016 OSAKAの大トリは大人気バンドのアレキサンドロス。通称ドロス。兼ねてから見るのを楽しみにしてました。しかしながら周りの盛り上がりとは裏腹に星野源さんのライブ同様にあまりしっくりこず、残念ながら3曲ほど聞いたところで会場をあとにしました。

うちわを持ったおじいちゃん
今回参加したMETROCKはいろんなお客さんがいましたが一番印象に残ってるのがサカナクションとフォーリミのライブで見かけたうちわを持ってライブを楽しんでおられました。周りの若者に比べてワンテンポ遅れたノリ方がぎこちないけど、一生懸命なぐらい両手に持ったうちわを掲げてライブに混ざっているのがなんとも微笑ましく思えました。衝撃的だったのがフォーリミのライブでモッシュピットにおじいちゃんが参加していたのが、感動的でモッシュに巻き込まれる様に演奏そっちのけで自然と拍手してしまいました。音楽を楽しむのに老いも若いも関係ない。楽しんだモン勝ちの象徴のように感じました。そのあとドロスのライブではうちわが上がってなかったようでしたが、おじいちゃんは無事たったのでしょうか?怪我なく帰ってくれてればいいのですが。

2日目の私の思うベストアクト3組はこのような感じです。

第3位 THE ORAL CIGARETTES
第1位 04 Limited Sazabys

の順としました。1位はおじいちゃんすらモッシュに巻き込むといった点が大きかったと思います。

1日目のサカナクションを番外にしたり、書いていてもおかしな点も多々ありますが、思ったまま書いてみました。

以上、レポっす。

METROCK 2016 OSAKA 1日目 私の思うベストアクトベスト3

f:id:saekishirou:20160514085905j:image

一張羅のTシャツにて出陣。

しかし嫁氏、痛恨の寝坊。
朝の支度に時間がかかったことにより、開演間も無くのキュウソネコカミに間に合わす。
最後の一曲しか見れませんでした。

一曲してみてないので良いのか悪いのかは判断できず。
ヤンキーこわいが生で聴きたかった。

お昼時なので台湾まぜそばとビールを腹に入れ、次のライブに備えました。

フレデリック
キュウソネコカミをしっかり見ることができなかったので、何の気なしに見にいきました。
前に一度見たのですが、おとなしめのポップバンドだと思いましたが、今日のステージングはフェス仕様なのかロックな感じでした。

久しぶりに見たBAWDIESのライブ。ボーカルROYが昔に比べやや老けたように見えました。でも特徴的なダミ声ボーカルはそのままに激しい曲、ミッドテンポの曲を自在にこなし安定感のあるライブパフォーマンスでした。あとギターJIMの笑顔で暴れまくるステージングがとても素敵で、恐らく本日一番楽しかった1人ではないでしょうか。見れてよかったライブでした。

嫁が物販見たいというので、物販に行く道すがらMOROHAの甲高いラップとSHISHAMOの女子ならではのボーカルが同時に聞こえるカオス。これぞフェスの醍醐味。

激しいと噂の9mmのライブはちょっと怖いのでやや後方で拝見。ボーカル菅原さんの声は聞き取りやすく、もっといかついライブになるのかな?と思ってましたが、思いの外楽しいライブでした。激しいのは両サイドの暴れまくりのパフォーマンス。あれだけの演奏をしながら、暴れまくるのは噂に聞いてましたが凄かったです。ドラムのかみじょうさんの叩きっぷりの凄まじさと裏腹にスティック回しの多さにも驚愕。TOKIOの松岡さん以来のスティック回しの多さだと思いました。

ドラマチックアラスカ
予備知識なく見たせいか、あまり入ってこなかったのが残念でした。サポートギターである爆弾ジョニーのギタリスト、安田さんのギターが艶めかしくて良かったです。河原町駅聴きたかったな。

楽しみにしていた通称ヨルダン。一番小さいステージ、NEW BEAT SQUAREでのライブでしたが、今の彼らには狭すぎるステージだったと思います。ステージから前の方に陣取ってましたが、ライブが始まると前に押しかける人と入れ替わりまくり、あっという間に後ろのPA卓前まで押し戻されました。それだけ激しいライブでした。たった5曲のパフォーマンスでしたが楽しくいいライブでした。躍らせることに特化したという感じの楽曲・サウンドはライブで真価を発揮するものだと思います。ボーカル米田さんの細くてクネクネしてると言葉にすると気持ち悪いのですか、華があるというか独特の存在感でとてもカッコよかったです。あとドラム鈴鹿君のMCはキョウイチ面白かったです。本当にライブが素晴らしいバンドなので、音源が少しでも気になった方はライブを見ることをオススメします。もみくちゃになる事は必至ですが、その価値は大いにあると思います。

次のWANIMAに備えて、かなり後ろの方で見ましたが、なぜかあまりグッと来ず2〜3曲聞いたところでステージ移動。テレビで聴き慣れすぎた音楽だったせいなのか。これについてはまたしっかり考えてみようと思います。

WANIMA
夜の本気ダンスより危ないライブになるだろうと思ったので、ステージの見えるギリギリのところを陣取り開演を待ちました。しかしながら今大人気のWANIMA。あっという間にさらに後ろに押し出されました。モッシュピットは夜の本気ダンスよりさらに後ろまで発生。こうなる事はある程度予想してましたが。天真爛漫な三人の繰り出すライブは痛快そのもの。メロコアにスカ・レゲエ・エロ(?)を織り交ぜたサウンドはまさに野外で聴くためのものだと思いました。

1日目のトリのサカナクションサカナクションも数年ぶりに見ました。冒頭の曲はMacを5台並べて、メンバー5人がシーケンスで鳴らすような感じの演出。「サカナクションはロックやらなくなったのか?」と少し心配になりましたが、転換で楽器に持ち替え演奏し始めると、そんな心配は間違いだったとすぐに思い直しました。演奏する様はまさにロックだと思いました。とくにエフェクティブなギターの音のデカさ。音がデカくて楽器で演奏してればロックとは言わないですが、今日見たサカナクションは私はロックだと思いました。新旧の楽曲を交えたセットリストは満足度が高く、周りのお客さんもかなり盛り上がっていたと思います。また夜になってからの他のバンドにはなかった演出が盛りだくさんですごくエンターテイメント性の高いライブでした。舞妓さん風のダンサーが出てきたり、レーザーによる光の演出だったり他のバンドとの差がかなりあり、凄いを通り越してズルい感じすらありました。素晴らしいライブでサカナクションを野外で1時間見れただけでもチケット代分の価値はあったと思います。


本日の私の思うベストアクトベスト3ですが、

第3位 THE BAWDIES
第2位 WANIMA

ということにします。
絶賛していたサカナクションですが、他のバンドとはもはやバンドの格を感じて一番凄いと思いましたが、演出面の差が開きすぎた感があり番付外としました。

2日目も楽しんできます!

追記 2日目の感想はこちらにまとめました。

呪文付き サエキ流天下一品こってりラーメンの食べ方

f:id:saekishirou:20160510111732j:image

天下一品。

月一ぐらいで食べないと禁断症状のでるアレ。
もはや完全に中毒です。

天下一品のこってりを食べてきましたが、だいたい頼むのはチャーハン定食。
ラーメンを頼む時の呪文は「スープコッテリネキダイニンニクダイフツウメンカタメセアブライリ」です。
天下一品にあまり馴染みのない方もいらっしゃると思いますので、呪文について簡単に説明します。

スープコッテリとはスープの指定です。
天下一品のスープは醤油味のあっさりと鶏白湯?のこってり、あっさりとこってりのブレンドの屋台の味(こっさり)の3つから選べます。
私は9割以上こってりを指定します。
あっさり、屋台の味は天一の日(毎年10/1)しか食べません。
言い方は悪いかもしれませんが、こってりを食べないのであれば天下一品で無くてもよいと思ってます。

ネギダイは薬味のネギの量を指定します。
抜き、少なめ、普通、大盛りまで無料で選べます。こってりスープにはネギの相性が良いので、私はいつも大盛りにしてます。大盛り以上にしたい場合は有料で別盛りも頼めますが、そこまではしないことが多いです。

ニンニクダイはにんにくの量を指定します。
抜き、少なめ、普通、多め、特大から選べます。にんにくはまったりとしたこってりスープにさらなるコクとパンチをもたらしますので、なるべく入れたいところですが、体調により調節してます。この日はガツンと行きたかったのでダイ(多め)にしました。

フツウメンとは麺の種類を指定します。麺はレギュラーの麺(昔からある普通の麺)と細麺から選べます。こってりには細麺だと麺が負けてしまう感じがするため、普通麺一択だと思ってます。

カタメは当然麺の茹で加減の指定です。
私のよく行く天下一品は柔め、普通、固めぐらいが選べます。スープのドロっとした食感の中に歯ごたえがあるぐらいが好きなので、いつも固めをチョイスします。

セアブライリは背脂を追加してもらうために指定します。
通常、こってりには背脂は入っておらず、あっさりのみ指定できるようですが、試しに頼んでみたところ、無料トッピングとしてやってもらえました。それ以降ほぼ毎回背脂は入れてもらってます。こってりをさらにこってりさせる、こってり好きにはたまらないトッピングです。
背脂は通常こってりには入らないため、お店によっては出来ないかもしれません。

この呪文でオーダーし、しばらく待ちます。


着丼したらチャーハンには目もくれず、麺をひと啜りし、その日の麺のコンディション(固さ具合)、スープのコンディション(温度、濃度)を確認します。この日は麺は固め指定ながら、やや柔めの普通より、スープはアツアツ、濃度は標準的な感じでした。
麺の次はスープのみでひと啜りし、スープを再確認します。

状態を一通り確認したら卓上調味料を入れます。
まず天下一品特製の辛子味噌を2〜3さじ入れ、餃子用のラー油を3たらしぐらい入れます。
入れたら箸とレンゲで麺を底から持ち上げるようにかき混ぜます。混ぜる目安はスープ全体が茶褐色になるぐらいです。
混ぜ終えたら胡椒を全体にまんべん無くかけてチューニング完了。

背脂でこってり感をブーストしたこってりスープに辛子味噌とラー油の絡み、ニンニクの香りとパンチ、大盛りにしたネギの爽やかな食感、固めの麺の食感、脂っ気のないチャーシュー、メンマのコリコリ感。私にとっていいバランス感の天下一品となりました。

麺を食べ終えたところでチャーハンをいただきます。
まず一口目はそのまま頂き、二口目以降はチャーハンをレンゲですくい、そのままチューニングしたスープを一緒にして食します。

天下一品にはスープライス定食なるものがあり、白ご飯とスープを頂くというものがありますが、私はより濃い味わいを求めてチャーハン定食でこれをやります。かなり行儀の悪い食べ方だと思いますので、一人のときしかこれはやりません。むしろこれがしたいのでほとんど天下一品には一人でしか来ません。

これ書いててまたこってりが食べたくなってきたな。

METROCK 2016 OSAKAで見たいバンドのリスト

今週のお題ゴールデンウィーク2016」

 

皆様はGWはいかがお過ごしでしょうか?

私は昼から酒を飲み暴飲暴食を繰り返す以外は

お家でゆっくり過ごしております。

 

 

お題とはそれておりますが、GWはあまりお金を使わず、

GW明けの14・15日に行われるMETROCKを存分に楽しもうと思っております。

昨年までは東京のみで開催されていたMETROCKが今年から関西でも開催ということで

大変楽しみにしておりました。

ラインナップも国内邦楽ロックの見たいバンドが勢ぞろい。

 

metrock.jp

このラインナップのなかで私の見て回るであろうバンドを挙げてみようと思います。

 

5/14(土)


キュウソネコカミ DQNなりたい、40代で死にたい

11:00よりキュウソネコカミ

ライブは未見。

兵庫県は西宮出身の5人組。

歌詞は主に愚痴のような内容である意味今風のパンクといえるような気がしなくもない。

上の動画は売れる前の人の少ない時のライブの模様。

人気が出た今、この「ヤンキー怖い」が大合唱になるらしい。

私もヤンキー怖い言いたい。

 


THE BAWDIES - HOT DOG

12:30よりTHE BAWDIES

ライブは5年前ぐらいに1回。

このHOT DOGにかなりはまりカラオケでもちょくちょく歌ってました。

こんないい感じのダミ声にはならず、ハードコアな感じになりますが。

いい意味で古さのあるロックンロールを久しぶりに聞いてみたい。


9mm Parabellum Bullet - The World

14:00より9mm Parabellum Bullet

ライブは未見。

激しいライブになることが予想されるがオッサンの体力は持つのか?

最近の楽曲はあまり馴染みがないのですが、

残響レコード時代は結構好きでした。


ドラマチックアラスカ「河原町駅」

14:40よりドラマチックアラスカ。

ライブは未見。

9mmからすごい落差ですね。

ステージ間の移動距離によってはあきらめるかも。

ほとんど楽曲の知識はないのですが、

ラジオでかかっていたこの河原町駅に耳を奪われました。

できれば生でも聞いてみたいなと思っているバンドです。


夜の本気ダンス MV "WHERE?"

16:10より夜の本気ダンス

昨年ライブを見ましたが、

音源よりだいぶライブがぶっ飛んでるバンド。

楽しすぎるので、今回も楽しみです。

昨年はまだインディーズでしたが、

今年メジャーデビューしてその辺も変わったかをチェックしてみたいです。


ゲスの極み乙女。"キラーボール" (Official Music Video)

17:10よりゲスの極み乙女。

音楽以外で物議を醸しだしたバンド。

ライブは未見なのでその辺も含めてどんなライブをするのか見ものですね。

楽曲的には出てき始めたキラーボールが一番好きです。


WANIMA- THANX(OFFICIAL VIDEO)

18:00よりWANIMA。

ライブは昨年見ました。

今ノリに乗っているバンドですが、

昨年見たときはちょっとMCが長いのが気になりました。

好きな曲が多いのでもっとガンガン曲をやってほしいと思いますが、

あのおバカなMCも捨てがたいのかも。

サカナクション / ネイティブダンサー

19:00よりサカナクション

ライブは6年前に一度見ました。

そのころとはセットリストもだいぶ変わっているんだろうな。

アルバムはシンシロが一番好きでした。

 

5/15(日) 


KEYTALK/「MONSTER DANCE」MUSIC VIDEO

11:00よりKEYTALK。

ライブは未見。

体調によっては次のバンドに行くかも。


BLUE ENCOUNT『HALO』PV

11:50よりBLUE ENCOUNT

ライブは2回ぐらい見ました。

ただメジャーに行ってアグレッシブさが失われた感を勝手に感じてます。

今回良くなかったら当分見ないかもしれません。


金色グラフティー / ROTTENGRAFFTY

12:30よりROTTENGRAFFTY。

ライブは未見。

見たいが体力が続かない場合はここでお昼休憩かも。


THE ORAL CIGARETTES / Mr. ファントム

13:20より THE ORAL CIGARETTES

ライブは2回ほど見ました。

ライブ始める合図が何気に好きです。

今回もキラーチューン祭り楽しみにしてます。

(Voがちょっとさかなくんに似ていると思ってるのは私だけでしょうか?)


KANA-BOON / ないものねだり

14:00よりKANA-BOON

ライブは未見です。

他のバンドよりワーキャー言う声が多そう。

ライブは骨太であってほしい。


OKAMOTO'S 『OKAMOTO'S「SEXY BODY」MUSIC VIDEO(YouTube ver.)』

14:50よりOKAMOTO'S

ライブは未見。

演奏の上手さは折り紙付きなのでいいライブをするのだろうと思ってます。


東京スカパラダイスオーケストラ / DOWN BEAT STOMP

15:30より東京スカパラダイスオーケストラ

ライブは未見です。

カラッと晴れた昼下がりに陽気なスカを聴ければきっとゴキゲン。


星野 源 - くだらないの中に 【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編】

17:10より星野源

ライブは未見です。

疲れ切ったときに聴けばすげー癒されそう。

最近の楽しげな楽曲も好きですが、

この曲がしんみりしてたまりません。


04 Limited Sazabys『swim』(Official Music Video)

18:00より04 Limited Sazabys。

ライブは昨年一度見ました。

いわゆるメロコアを今やってくれている大好きなバンド。

終盤もうひと暴れして帰りたい。


[Alexandros] - Droshky! (MV)

19:00より[Alexandros] 。

大トリですね。

ライブは未見です。

奇をてらったバンドが横行する中、

「かっこいい」ことにこだわっている気がするバンドだと思います。

楽曲に個人的な好き嫌いが多くありますが、全編英語詩の激しい曲が私のツボです。

 

たぶん全部見れないと思いますが、欲張るとこんな感じて回りたいと思ってます。

また14日は一泊する予定なので近辺のおいしいお酒の飲めるお店をご存知の方は

ぜひ教えてください。

 

滋賀のガッツリ系といえばバリバリジョニー!黒マー油豚骨太つけ麺を食べてきた。


仕事終わりにガッツリラーメンが食べたくなることありますよね?
食べたくなるというか、常日頃ラーメンが食べたい。ラーメンが食べたくないときは、よほど体調が悪いときぐらいなので、食べたくなりたくない。

その中でも今日は特にガツンと行きたい気分なのでバリバリジョニーにきました。

バリバリジョニーは滋賀県で展開している麺屋ジョニーの系列店で、麺屋ジョニー、バリバリジョニー、ベビージョニーと展開されてますが、その中でも最もガッツリ系の店舗で、羽釜でドロドロに炊いた濃厚豚骨が売りのお店です。

豚骨が売りですが、スープの種類は豊富で醤油や塩、まぜそは、つけ麺なんでもござれです。
バラエティー豊かですが、今日は一押しの豚骨、さらに濃いめのつけ麺をチョイスしてみました。

f:id:saekishirou:20160413232824j:image
1日限定15食の黒マー油豚骨太つけ麺(大盛り)

麺は7〜8mmはあろうかという極太麺。かなり硬めのうどんといった感じ。

つけ汁は自慢の豚骨を魚介出汁で割ったものの上にニンニクの焦がし油である黒マー油をかけたもので、ニンニクの香りがたまらない。さらに柚子皮と唐辛子が入っており、柚子の爽やかさと唐辛子の刺激などが複雑に入り混じった凝った仕上がりでした。

つけ汁に麺を浸して啜ると柚子の風味、黒マー油の風味、唐辛子のピリッとした刺激が来て、後から豚骨と魚介出汁の味わいを感じます。
極太麺の食感はワシワシといった感じで、食べ応え抜群。お腹が空いてたのでガツガツ食べてしまいました。

しかし、複雑妙味な味わいの反面、濃厚な豚骨の味わいは薄れた上、極太麺に負けないような味付けを目指したためか、かなり塩辛く感じました。気持ち麺を細くして塩分をもう少し抑えることができたらいいかなとも思いますが、太麺のインパクトがなくなるのも惜しい。実に惜しいメニューだと思いました。

まだまだ食べてないメニューもたくさんあるので、これからも通っていろいろ試したいとおもいます。